HOMEセミナー一覧DVD一覧会社概要リンク集お問合わせ
「『こんな会社辞めてやる!!』となる前に。ヒトの問題、ズバリ解決!経営者、人事のための労使トラブル徹底対策セミナー サービス残業、解雇の問題など、労使トラブルでお悩みの社長、人事の方は他にはいませんか?「ウチの会社は大丈夫!」と思っているあなたも知らなかったでは済まされません!労使の問題があなたの会社の存続を脅かす存在になる前に・・。 人事で社員の働きは10倍変わります!会社の営業成績も10倍変わります!


50本限定特別割引今すぐ申し込む

これからするお話は、フィクションではありません。

急成長中の某社で起こった、実際の話です。

『こんな会社辞めてやる!!労働基準監督署に訴えてやるからな!!』



大きな声で怒鳴りながら社員の人が辞表をたたきつけていました。

「お恥ずかしいのですが、こんな事になってしまいました・・・。」

A社長が社労士である内海正人先生に告白をしました。


この会社は、A社長が気の合う仲間数人で、前いた会社を飛び出して起業しました。


「これからは誰にも制約されずに気兼ねなく仕事ができるぞー!」

受注も順調にいき、業務を拡大していきました。


「人手が足りないから人を雇おう!」

「給料をどのくらいに設定して募集を行おうか?」

「同業他社はそのぐらいの水準かな?」

「スキルのレベルは?」

このようにして人を採用していきました。

そして2人、3人・・・

事業も拡大して人数もそれに比例して増えていきました。


小さいトラブルは毎日のようにありましたが、
大きな流れではすべてが順調に動いているように思われました。

『しかし、ある日事件は起きました!!『こんな会社辞めてやる!!』


えっ・・・!



こんにちは、ビジネスライブの鈴木です。

なぜ皆さんにこんなことをお話しているのでしょうか?


それは・・・。

経営の問題はいろいろあります。

しかし、最終的には「ヒト」の問題へとたどり着きます。

でもなぜ事態が悪化してからでないとこの問題は取り上げられないのでしょうか?


多くの企業は利益追求で、ヒトの問題を後回しにしてきたのです。

そのツケが・・・

しかも深刻になるばかり。

先ほどのA社長も最初はイロイロ考えて手段を講じたそうです。

しかし、事件が起こったら急に社内が荒れ始め、加速度的に事態が悪化してしまったそうです。

そして、労働基準監督署駆け込まれ調査を受けるハメに!!

「ウチの会社は大丈夫!」と思っている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、知らなかったでは済まされません!

なぜなら、会社の社員が全員、労働基準監督署に駆け込んでしまうかもしれません。

労働基準監督署に駆け込まれ、裁判沙汰になると・・・。

あなたが思っている以上の事態に陥る可能性があるのです。

(詳しくは後述します)


では、どうすればよいでしょう。

そこで、社会保険労務士の内海正人先生をお招きして、
労使の問題を中心に経営者が陥りがちな落とし穴を明確にし、
その対処法をお話しするセミナーDVDがあります。

内海正人先生は、退職金や人事コンサルティング及びセミナーを業務の中心として、
現実的かつ具体的な解決策の提示を行うことで有名な、
現場派社会保険労務士でいらっしゃいます。

内海先生から、下記のコメントをいただいております。


初めまして社会保険労務士の内海正人と申します。

会社と社員の間に立ちふさがる問題を解決するため、日夜走りまわっております。

最近では解雇や賃金に対するトラブルが多く発生しています。

労働基準監督署に駆け込むことや垂れ込むことは日常化してきています。

最終的には裁判沙汰になることも少なくありません。

そして・・・判決は労働者側が90%以上勝訴しています。

今、労働基準監督署は労働者の「駆け込み寺」となっています!

また、都道府県の総合労働相談センターへの相談件数もうなぎのぼりです。

このような相談件数の合計は全国で100万件といわれています。

そして、労働者とのトラブルにより数百万円から数千万円の支払いを命じられるケースもあります。

しかし、恐れていてもはじまりません!!

会社の業種、業態も様々な企業が増えてきました。

しかし、人の問題で陥る落とし穴はだいたい決まっているのです。

「このことを知っていれば事前に対処する方法があったのではないか!」

「法律を知ってさえすれば、こんなに話がこじれなかったのではないか?」

「ちょっとした心遣いで社員のモチベーションがあがるのに!」

最初の「ボタンの掛け違い」の処方で、傷口が大きく広がってくるか、
それとも大した傷じゃないのか大きく変わってきます。



DVDの一部を公開しますと・・・・・・

残業代を基本給に含ませる方法とは?

労働基準監督署はいつやってくる?

残業を長時間しても大丈夫な方法とは?

社会保険事務所の調査とは??

クビきりってすぐできる?

セクハラ、パワハラの定義とは?

就業規則で会社を守る?


以上の方法が分かっていれば、

あなたの会社も十分に「人の問題」に対応出来ます!!

問題が発生するポイントを押さえたこのノウハウを、
あなたも知りたいと思いませんか?

これでサービス残業、解雇の問題がズバリ解決です!!

これだけではありません!

本当は、社員とはもっといい関係で働いていただきたいですよね?

ここは大事ですのでよく読んでください。

【人事で社員の働きは10倍変わります!】

【人事で会社の営業成績は10倍変わります!】

本DVDでは、「会社のために働きたいと思える人事戦略」も解説いたします!!

今回は内海先生にお願いして、本セミナーDVDだけで公開するノウハウ
多数の事例と解決策をご用意いただくことになりました。

内海先生が、長年の経験から得たノウハウの集大成を公開いたします!!


今すぐ申し込む労使のトラブル解決なら今すぐクリック

講師のご紹介

内海 正人氏
   内海正人(うつみ まさと)

   日本中央社会保険労務士事務所 代表
   株式会社日本中央会計事務所 取締役

 昭和39年神奈川県生まれ。
 武蔵大学卒
 総合商社の金融部子会社にて法人営業、融資業務、債権回収業務を行う。その後、人事コンサルティング会社を経て、株式会社船井財産コンサルタンツにて人事コンサルタント、経営コンサルタントとして、コンサルティング業務を行う。平成15年の日本中央会計事務所に合流。日本中央社会保険労務士事務所代表 現在に至る。退職金や人事コンサルティング及びセミナーを業務の中心として展開。現実的な解決策提示を行う現場派社会保険労務士。特に高齢者雇用・退職金問題については数少ないエキスパートの一人として定評がある。執筆 賃金実務「組織のフラット化について」(産労研)などがある。

<過去の主なセミナー>

  • 日本生命保険相互会社         「適格退職年金からの移行対策」
  • 第一生命保険相互会社         「高年齢雇用安定法と今後の対策」
  • 三田労働基準監督署          「新規雇用に対する助成金の案内」
  • プルデンシャル生命保険株式会社   「年金なんでも講座」

<主な出演ビデオ>

  • 適格退職年金からの移行対策
  • 社会保険料が安くなる方法


DVD概要

テーマ
ヒトの問題、ズバリ解決!
経営者、人事のための労使トラブル徹底対策セミナー
講 師
内海正人  社会保険労務士・人事コンサルタント
販 売
ビジネスライブ株式会社
価 格
50本限定価格 14,800円(定価31,500円)
お知らせ

◆クレジットカードの場合の流れ◆

決済代行サービスであるインフォカートを通じてのお支払いとなります。

1.下記より、インフォカートの決済ページにアクセスしてください。

2.手順に従ってお客さま情報をご記入ください。

3.ご記入していただいたアドレスにご確認メールが届きます。

4.当社で確認後、商品をメール便または郵便にてお送りいたします。

クレジットカードによるお申込み(クリック)

下記のカードがご利用いただけます。


◆銀行振り込みの場合の流れ◆

1.下記よりお申し込みください。

お振込名義がセミナー申込者名と違う場合は、
(例:申込者名:個人名 振込名義:法人名)
申し込みフォームの【通信欄】にその旨をご記載下さい

2.申し込み後すぐに届く、返信メールに記載されている口座に、所定の金額を本日より10日以内にお振り込みください。

3.お振込みが確認できましたら、商品をメール便または郵便にてお送りいたします。

◆代金引換の場合の流れ◆

1.下記よりお申し込みください。

2.申し込み後すぐに届く、返信メールにてお申し込み内容をご確認ください。

3.商品を代金引換郵便にてお送りいたします。

銀行振り込み及び代金引換払いによるお申込み(クリック)


※お申し込みキャンセルなどに関しては「特定商取引に関する記述」に記載しております。お申し込みの際には必ずご確認ください。

お申し込み

銀行振込及び代金引換払いでお申込みの方はこちらをクリック

クレジットカードでお申込みの方はこちらをクリック



DVD収録時セミナー参加者の声

具体例の紹介が分かりやすく、大変参考になりました。

活字による情報は最終的にどう実践で活かしていくのか難しいことがありますが、お伺いしたお話は実務に役立ってくれそうです。

本当にありがとうございました。


実例に基づいたお話が多く、大変参考になりました。

ありがとうございます。


今回のお話を参考に背伸びしない範囲で社内ルールを整えたいと思いました。


従業員との労働条件があいまいなまま今日までに至っていましたが、
再度しっかりした雇入通知書をもう一度作成しようと思い今回のセミナーに参加して思いました。




以下は、内海先生のノウハウを得た方々の感想です!

一通りの知識はあるつもりでいましたがその規定がなぜあるか具体的にどのように規則に落とし込めばよいか気づかされることがたくさんありました。

人を雇うからには必ず作っておくべきなのですが、「トラブル」に直面しないとなかなか思い知らされない。

そういう会社がたくさんあります。

こういった基本的な規定の整備の必要性は伝えていかないと、とつくづく思います。

働き方を明確にすると会社が発展する可能性が加速する」一番心に残った言葉です。

横浜市 税理士 佐藤亜津子 様


何かが起こってしまってからでは遅いので、お話を参考に今後の対策を立てていきたいと思います。

何も起こっていない今だからこそ、お話が聞けてよかったと思います。

東京都千代田区 古閑 崇史 様


将来必ず必要になると考え、お話を伺いしました。

ところが、”今すぐやらなければならないこと”が本当にたくさんありました。

「話しを聞いてなければ正直やばかったな」と冷や汗をかいています。

労使のことだけでなく、個人情報保護法にも触れていたり、「このような仕組みや書類を作っておくと、採用した人を○○な人に育てることもできる」など、経営上非常に参考になることもお聞きでき、大変勉強になりました。

経営者や同業の方と話していていつも思うのは、「人の問題はむずかしい」です。

先生のお話をきいて、悩んでいたかなりの部分が解消され、気がとても楽になりました。

ありがとうございました。

船橋市 山本憲明税理士事務所 山本 憲明 様


まずどうしたら良いかを分かりやすく平易な言葉で説明があり、それはなぜなのか?
という説明がきちんとした法令の説明をもってされている「使えるお話」である。

特に「ここから先は一般的な書籍には掲載していない内容です
これはスゴーィ!と思いました。

労働法や社員とのトラブルはなんだか難しいと思っていました。

ウチは社員が少ないからまあいいや!なんて思っていましたが、

お話をきいてビックリしました。

トラブルの解決というよりも予防についてのお話はあまりありませんよね。

その点で「良かった!」と思いました。

これから伸び盛りの会社は、社員数が増えてくると思います。

かなりのリスクヘッジになるのではないでしょうか?

横浜市 有限会社アセットコンサルタンツ横浜 木下 欣房 様


お話をお聞きして、思わず自社の就業規則、退職金規程、給与規程を見直してしまいました。

ちょっとした規則の言葉遣いでもしかしたら大きな間違いをしているかも?と考えさせられました。

普段の業務で会社のルールとして使っている事柄が労働基準法では微妙にずれている!

なんて専門家ではないと気がつきませんね。

そんな気づきを与えてくれた情報が多かったです。

解雇の種類も懲戒解雇、整理解雇、普通解雇なんて違いがさっぱりわかりませんでしたが、お話を聞いてすっきりです。

労働基準監督署や社会保険事務所への対応も「どうすればいいか」よくわかりました。

大変参考になりました。

どうもありがとうございました。

目黒区 大山 和章 様


非常に参考になりましたし、リスク管理の重要さを再認識させられました。

有限会社ライフブレイン 代表取締役 加藤純朗 様


個人の権利ばかり主張してくる社員がいました。

その人には辞めてもらった事があります。

そのときの苦労を考えると、最初にきちんとしておくことが大事だと言われている先生の話はとても参考になりました。

品川区 大崎機工株式会社 新井範親 様


残業代の支払、試用期間の社員の処遇、就業規則の作成方針など、今まで不明確だった部分についての理解が進みました。

自社の問題点を整理することができました。

墨田区 東和テクノス株式会社  鄭 炳吾 様


今すぐ申し込む労使のトラブル解決なら今すぐクリック


まだ、迷われている方に



内海先生からのお約束


本DVDがあなたにとって価値ある情報であるとともに、価値ある財産となれば幸いです。


開催報告

9月5日(火)に内海正人講師による「ヒトの問題、ズバリ解決!経営者、人事のための労使トラブル徹底対策セミナー」が開催されました。 たくさんのご来場、ありがとうございました。






▲詳細確認する


◆本DVDのお申込はこちら

50本限定価格 14,800円
(定価31,500円)

銀行振込によるお申込(クリック)

クレジットカードによるお申込(クリック)



▲トップへ



特定商取引に関する記述

Copyright 2006 © BusinessLive,CO,.LTD.All Rights Reserved.